アフターピルの仕組み|アイピルで「事後避妊」をしよう|アフターピル研究白書

アイピルで「事後避妊」をしよう|アフターピル研究白書

アフターピルの仕組み

瓶からでている錠剤

病院で処方される「ノルレボ」、あるいは通販で購入できるジェネリック医薬品として販売されている「アイピル」など、さまざまな製品名のアフターピルが存在しています。アフターピルは、「アフター」つまり事後であっても「ピル」という避妊薬の働きをしてくれるという事後避妊薬です。ピルと同じく錠剤タイプで、水で飲むことで薬効成分が働き、避妊を行います。
ところで、錠剤ひとつを飲めば事後避妊ができるというけど、どういう仕組み?と気になる女性も多いと思います。
というわけで、ここではアフターピルの働きについて、通販で買える「アイピル」を例にとって説明してみましょう。

アフターピルの「アイピル」は、レボノルゲストレルという名前の物質が主成分となっている薬です。
レボノルゲストレルを含むアフターピルを飲むと、SEX後、さっそく妊娠のために動き始めた体の働きをいったんストップさせ、そのうえですべてリセットします。妊娠が開始されると女性ホルモンのバランスが変化し、子宮の環境が変わって受精卵が着床しやすいように、しっかり育っていきやすいようになっていきます。そこへレボノルゲストレルが入ってくると、その環境づくりがストップします。そして、受精卵を含む子宮内の環境がリセットされます。具体的にはすべてをきれいさっぱり流してしまうのです。つまり半強制的に子宮内部のものを外に出す、生理を起こさせるのです。
生理が起きると子宮内の環境はいったんゼロに戻り、精子も卵子も、もちろん受精卵もない状態になります。

このようなメカニズムで、アフターピルは妊娠が進行していくのを防いでくれるのです。